インフルエンザ2013予防接種ベスト時期は?乳幼児、受験生予防対策は?


infuru4 インフルエンザ2013予防接種ベスト時期は?乳幼児、受験生予防対策は?

またもやこの時期が来てしまいました。

何とも辛いインフルエンザ・・・。

2013年インフルエンザ予防接種

受験生、乳幼児にとってのベストな時期

いつなのでしょうか?

インフルエンザ予防対策

などもあわせてお知らせします!

 

スポンサードリンク
 

インフルエンザの予防対策、早めの対策と認識の確認を!

 

 

小さい子を持つ親なら絶対知っておきたい子供の病気の予備知識。

インフルエンザ予防接種との関連も・・・!?

【熱性けいれん】リアル体験談で症状を事前に知ることはかなり重要。

 

 

今年もいや~な時期が到来しましたね・・・。それはインフルエンザ

自分は大丈夫だろう・・と思っても予期しないところでかかってしまうもんです。

家族全体に広がって悲惨な思いをした人も結構多いのではないでしょうか?

 

 

 

特に親の協力も得られづらいご夫婦の共働きなどは

子供がインフルエンザになっただけで大変なことになりますよね・・・。

 

 

 

インフルエンザ感染といえば抵抗力の低下・・。

ウイルス性イボの感染も十分注意、甘く見てはいけない!

ウイルス性イボ治療方法、完治例。見分け方、イソジン軟膏、窒素は有効?

 

 

 

体調を崩してから徐々に回復したとしても1週間から長くて2週間近くは

保育園やその他学校へ行くことが出来ないのが実情ですよね・・・。

でも会社は休める雰囲気ではないし・・・病児保育は高額だし・・・。

 

 

 

やはり乳幼児育児期間の夫婦共働きはどうしても奥様の方が

勤務在籍期間が長続きできない傾向にあるのかもしれません・・・。

 

 

 

意外と甘く見てはいけないインフルエンザ

毎月の安定した収入を得るべくライフスタイルを狂わされないためにも

事前の知識と予防対策が必要なようですね・・・。

 

 

 

また、どうしても体調を狂わす訳にはいかないのは受験生の皆さん。

目標の中学、高校、大学の合格のために頑張っていることでしょう!

日々積み重ねた努力が体調不良で水の泡・・・、なんて絶対に避けたいですよね。

 

 

 

やはり家庭を支えるご両親や小さな子供を育てる新米パパママ、

受験生に限らず、インフルエンザでダウンしている場合ではありません。

 

 

 

インフルエンザ予防対策や知識、予防接種のベストな時期など

再確認するだけでリスクは大分下がると思いますね・・。

そんなこと知ってるよ~、なんてことが意外とできていないものです。

 

 

 

今一度、確認してみましょうね・・・! (*´ω`*)

 

 

辻希美の無菌性髄膜炎症候群、入院期間は何日だった?

 

 

 

知ってても出来てないインフルエンザの日常的な予防対策!ご確認を!

 

 

インフルエンザはご存知の通り感染してしまいますよね・・。

やはり大切なのは他人、家族から 「うつらない!うつさない!

の心構えがとっても重要ですよね・・・。

 

 

 

空気が乾燥する冬場は特に風邪を引いてしまいやすいもんです・・・。

保育園から子供が風邪をもらってきて親にうつってしまうことも

結構ありますもんね。 十分に注意しなければいけません(´・ω・`)

 

 

 

予防対策として簡単に数点確認していきましょうっ!

ただし個人的に対処法は少々違う部分もありますのでご了承くださいね。

 

 

 

予防対策として、とりあえず基本はやはり手洗い・うがいですよね。

手洗いは石鹸を付けない人が多いですが石鹸でしっかり洗うとより

インフルエンザ予防に効果的ですね・・。

 

 

 

しっかりと石鹸と付け指の間やツメの隙間までしっかりと洗いましょう。

石鹸をつけて30秒から1分間はゴシゴシしたほうが良いとの話もあります。

 

 

 

洗った後の手を拭くタオルも冬の風邪をひきやすいシーズンは

こま目に交換しましょう・・・!

折角手を洗っても汚いタオルで手を拭いては意味がありませんよね。

 

 

 

次は生活習慣における食事について・・・・。

基本ですがバランスの良い食事を心がける必要があります。

バランスの良い食事は自身の免疫力を格段に向上させ非常に重要となります。

 

 

ウイルス性イボ治療方法、完治例。見分け方、イソジン軟膏、窒素は有効?

 

 

 

無意識に偏った食事をしてはいませんか・・・?

外食が多い人も、今日の朝、昼はこれ食べたから夕飯はこれで

おさえておくかぁ・・・・。 など意識するだけでも多少は良いと思いますね。

 

 

 

人間が活動するパワーの源として炭水化物や果物や野菜などのビタミン系

魚や肉、大豆食品などのタンパク質など意識的に摂取すると良いでしょうね。

 

 

 

風邪の引き始めですが大人であれば

大体 「あれぇ、引いたかなぁ・・・。」なんて後から気付くもんですよね・・・。

引き始めはビタミンAやビタミンCを意識的に摂取すると収まる場合もあります。

 

 

 

おかしいなぁ~、と思ったら即対応するのが風邪を大きくさせないコツですね。

うつらない」ばかりを意識していても、やっぱり感染ってしまうこともあります。

その後は症状が大きくならない意識と、「うつさない」の意識

事態を最小限に食い止めてくれるでしょうっ!(´・ω・`)

 

 

 

小さい子を持つ親なら絶対知っておきたい子供の病気の予備知識。

インフルエンザ予防接種との関連も・・・!?

【熱性けいれん】リアル体験談で症状を事前に知ることはかなり重要。

 

 

 

次は生活習慣における睡眠について・・・・。

知らず知らずの内に睡眠不足などにはなっていませんか・・?

日本人はやはり少々働き過ぎな印象がありますよね。

 

 

 

睡眠不足も習慣で身についてしまいます。

睡眠不足な方が意識的に早寝をすることは中々困難です。寝付けません。

慢性的な睡眠不足で疲れが蓄積してしまい、寝ても疲れが取れないなどの

現象は風邪への抵抗力低下となり、いつかドカっと来るかもしれませんね・・。

 

 

 

意識的に早寝を心がけ、この時間には寝るからとリミットを設けて

日中の生活、仕事方法を調整したほうがベストです。

 

 

スポンサードリンク
 

子供なんかもそうですね・・。

だらだらと夜更かしなどが無いよう、

早寝をするためにシッカリとした親の声掛けが重要です。

 

 

 

インフルエンザにうつる確率を大幅に下げるには極端な話、

流行しやすい冬場、人混みの中になるべく行かないのも1つの手です。

特に乳幼児、保育園児、小学生などでも流行している多数の中に

入ってしまうとすぐうつってしまうもんです。

 

 

 

しかし止むを得なく外出する際はキチンとマスクを着用しましょう!

他人にうつさない、うつらないの対策のみならず、

マスクをすると鼻・喉の保湿効果もあり、ウィルスは湿度の高い状況に

弱いことから風邪を予防出来る場合が多いです。

 

 

 

しかしマスクは同じものを何日も着用しても殆んど効果がなくなります。

できれば毎日の交換、意識的に交換の頻度を増やす

より良い予防対策となるでしょうね・・・。

 

 

 

繰り返し申し上げますが、インフルエンザウィルス

湿度に非常に弱いといわれています。

ですので冬場の流行時、普段長時間いることとなる職場や学校

当然住宅の中でも湿度を上げることは予防に非常に有効的です。

 

 

 

室内で加湿器を使用するのが理想的ですね・・。

冬場であればストーブの上のヤカンなんかも良いのではないでしょうか?

 

 

 

インフルエンザウィルスが最も嫌う環境は、

湿度が60~80%、室温は20~25℃のようです。

これを意識するだけでも大分予防対策となるのではないでしょうか。

ぜひ、試してみてくださいね・・・!(*´ω`*)

 

 

 

次はいよいよインフルエンザ予防接種の適正時期について

解説したいと思います!

 

 

 

 インフルエンザ2013予防接種ベスト時期は?乳幼児、受験生はどうする?

 

 

インフルエンザの流行が最も盛んな時期が

11月から翌年4月までとなっています。

受験生となれば受験メインの1月~2月は絶対に避けたいですよね。

 

 

 

予防接種の効果が最大限発揮される期間はどのぐらいなのでしょう?

またより効果的な予防注射の方法などはあるのでしょうか?

 

 

 

折角予防注射してもインフルエンザを予防したい時期に

効果がなければ意味がありません・・・。

予防注射を早くやりすぎて4月に大流行した、なんて事例もありました。

 

 

 

ではでは、予防注射の適正時期や方法を調べてみましょうっ!

 

 

 

全国のお医者さんのぶっちゃけアンケートで調査された結果では、

約8割以上の医師がインフルエンザの予防接種適正時期

「11月」といっているデータがあります。

 

 

 

インフルエンザ予防接種の効果期間3~4ヶ月とのデータが

最も有力であり11月摂取で2月~3月まで効果を発揮させる感じでしょうか。

ですので10月初旬などでは2~3月の流行ピーク時に効果が

薄れてしまうかもしれません・・・。 11月が良いでしょう。

 

 

 

ちなみに1歳以下の子供は予防注射ができません。

ですので乳幼児がおられる両親がインフルエンザになることは

絶対にダメなのです。 適正な時期の予防接種が必要ですね。

 

 

 

また1歳位上の子供は2回予防接種をすることが推奨されています。

2回予防注射を受けることでより免疫力が高まるらしいですね・・・。

しかしそれは子供に限った話ではありません。

 

 

 

10代の受験生や大人であっても2回予防接種をすることは

大変有効的であるとのことです。

受験生には朗報ですね・・・。

 

 

 

1回目と2回目の間隔は約3週間から1ヶ月とされておりますので、

4月いっぱいまでの効果を期待するのであれば、

1回目の予防接種は11月の上旬から中旬、

2回目の予防接種は12月の上旬から中旬であると理想的です。

 

 

 

しかし効果期間は個人差がありますので3~4ヶ月で効果が

バサッとなくなるわけではなく、接種後のピークから

徐々に効果が薄れていくようです。

 

 

 

多くの医者が3ヶ月は有効といっており、これは少なめに

見積もった期間であると思われますので、

まぁおそらく4ヶ月は行けるんじゃないでしょうかね。

 

 

 

最もインフルエンザに掛かりたくない時期から逆算し、

効果が最大限の時期となるように個別に調整すべきでしょうね。

 

 

 

結論、インフルエンザの予防接種について最も有効的な

接種時期や摂取方法は、

11月中旬に第1回目、12月上旬に第2回目の

2回摂取が理想のようです。

 

 

 

適正な時期の予防接種でインフルエンザにならないように

事前の知識と対策をシッカリと行っていきましょう・・・!

 

 

 

当然、個別の細かい詳細は掛かり付けのお医者さんに

よ~く聞いてからご判断されてくださいねっ!

 

 

 

毎年のごとく私達を悩ませるインフルエンザ

うま~く対処してインフルエンザ流行時でも健康で快適な

毎日をすごしましょう~! (*´ω`*)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

小さい子を持つ親なら絶対知っておきたい子供の病気の予備知識。

インフルエンザ予防接種との関連も・・・!?

【熱性けいれん】リアル体験談で症状を事前に知ることはかなり重要。

ウイルス性イボ治療方法、完治例。見分け方、イソジン軟膏、窒素は有効?

辻希美の無菌性髄膜炎症候群も結構ヤバイっ・・!

 

スポンサードリンク




いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです^^


もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら
ツイッターやフェイスブック、はてなブックマークのどれかで
この記事を広めていただけるとすごく嬉しいです






あわせて読みたい記事はこちらをご覧ください(^-^)

4件のコメント

  • 匿名

    インフルエンザって結構バカにできないですね。
    予防接種しよ〜。なかなか勉強になりました。

  • 匿名

    インフルエンザってやっぱ事前の対策だよね。
    なんだか他人ごとではない・・・、予防注射しよっと!

  • 匿名

    誤)やむおえない
    正)やむをえない
    記事の信憑性を疑うね

    • Mr.FG

      ご指摘ありがとうございます!修正いたしました。
      信憑性に関して、当記事は多方面からの情報収集のもと個人の見解によるまとめ記事となっておりますのでご了承ください。
      最終的なご認識、適正な処置としては掛かり付けのお医者様の適切な指示のもと対処されることが重要かと思われます。

コメントを残す